ワークショップ

原発事故の影響は福島県内だけでなく、広範囲に放射能汚染をもたらしました。
自ら判断することや、行動の選択につなげるため、
また生まれながらに誰もが手にしている権利を見つめ直し、生活していくため、
どのように未来へ繋げていくのかを皆さんで考える場にすることを目的に開催しています。


TOPICS

【報告】3/17 第1回リテラシーワークショップが行われました

3月17日、講師・モデレーターに東京大学教授の影浦峡先生をお迎えし、「リテラシーワークショップ」を開催しました。

全4回を予定しているうちの第1回目となる今回は、
主に「読む・疑問を感じる」「広げる・整理する」というテーマに重点が置かれたワークショップでした。

午前中の第一部では、影浦先生から、
「言葉でしか捉えられないものとは何か」
「何のために言葉を使うのか」
といった本質的なところをじっくりとお話いただき、
普段私たちが意識せず見聞きし使っている言葉について、いろいろな気づきを得る時間となりました。

また、はっぴーあいらんど☆ネットワーク演劇プロジェクト「天福ノ島」の一場面を皆で視聴し、
『目に見えないものは奪われてもなかなか気づけない』という台詞がキーワードとして取り上げられました。

お昼休憩を挟んだ第二部では、今年2月の新聞記事3種を題材にして、
テーブルワークを中心に話し合いを行いました。

その中で影浦先生が何度も私たちに話してくれたのは、
「違和感を持つことの大切さ」そして「それを言葉にすることの大切さ」でした。

新聞記事の内容や見出しや記事の書き方に、
もやもやと感じる「違和感」。
でも、それを正確に指摘したり表現したりすることはハードルが高いように感じてしまい、
飲み込んでしまうこともしばしばです。

しかし間違っているかどうかではなく、「違和感を言葉にすること」はとても大事なんだ、と。
そして、違和感を感じることや、痛みを感じること、それは誰からも否定されていいものではない、
なぜなら「私自身の痛み」なのだから、と。

取り上げられた新聞記事は、
2/16福島民友「飯舘と東京、五輪つなぐ/小学生が古里魅力紹介」
2/22福島民友「郡山産コイ味わって/中学校24校で給食提供」
2/24福島民友「飯舘 誇れる古里に/五輪・パラ『ホストタウンサミット』中学生、ラオスとの交流促進」

これらの記事を読んだうえで感じた違和感を、県内外からの参加者それぞれの視点で言葉にし、
ではなぜそう感じるのか、何がおかしいのかを、
「内容の真偽」「誰が誰に対して何をしているのか」「記事の書き方に対する違和感なのか、出来事に対する違和感なのか」と
ひとつひとつ整理し分析していく作業を行いました。

終了後、新潟からの参加者が、「県外から見て、すごく異様なことだという印象を伝えるのも大事だと思った」
という感想を伝えてくれました。
影浦先生のスライドにあった、「俺たちってどうやら濡れてるらしいぜ」という吹き出しのついた金魚のイラストが思い出されました。
当たり前に水の中にいて、濡れていることに気づけない金魚にならないように・・・

たっぷりと4時間をかけたワークショップでしたが、
時間が足りないという声がたくさん聞かれるほど、あっという間で充実した時間となりました。

次回は6月23日(日)の開催です。お申し込みはこちらからお願いします。
初めての方や、お子さん連れの方も大歓迎です。ぜひぜひご予定ください。


最新ブログ記事

【報告】3/17 第1回リテラシーワークショップが行われました
3月17日、講師・モデレーターに東京大学教授の影浦峡先生をお迎えし、「リテラシーワークショップ」を開催しました。全4回を予定しているうちの第1回目となる今回は、主に「読む・疑問を感じる」「広げる・整理する」というテーマに重点が置かれたワークショップでした。午前中の第一部では、影浦先生から、「言葉でしか捉えられないものとは何か」「何のために言葉を使うのか」といった本質的なところをじっくりとお話いただき、普段私たちが意識せず見聞きし使っている言葉について、いろいろ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「医療系学生と福島を考える」のご報告
「医療系学生と福島を考える」http://happy-island.moo.jp/blog?post_id=2838北海道から沖縄まで、全国各地で医学を学ぶみなさんが原発事故後の福島の問題を学びにいらっしゃいました。国際的なフィールドで活躍されている学生さんたちの目に、原発事故はどんな風に映っているんだろう…そんな思いでお迎えしましたが、とても実り多い場となりましたので、報告をさせていただきます。まずは自己紹介。将来の医療において地域で、そして世界で活
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「リテラシー・ワークショップ」開催のお知らせ
【リテラシー・ワークショップ】開催のお知らせです。4回シリーズの「リテラシーワークショップ」今回で2回目の開催となります。前回は県内外各地から参加頂きました。多様な考え方や捉え方は矛盾の構造を紐解いていく事の大切さを学ぶことに繋がっていきました。初めての方も参加頂けます。是非足をお運びくださいませ。日時:2019年6月23日(日)10:00~12:00~休憩~13:30~15:30場所:須賀川市市民交流センターtette ルーム5-1〒962-08
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「医療系学生と福島を考える」開催のお知らせ
「震災から8年、被災地で学ぶ核の平和的利用の現実と課題〜私達医療系学生に託されるものは何か〜」日時:3月26日(火)14:00~17:00場所:須賀川市市民交流センターtette 5階 ルーム5-1〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1参加対象:一般参加の皆さん ※どなたでもご参加いただけます。IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク問い合わせ:happy.island311@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「リテラシー・ワークショップ」開催のお知らせ
【リテラシー・ワークショップ】日時:2019年3月17日(日)10:00~12:00 ~休憩~13:00~15:00場所:須賀川市市民交流センターtette ルーム4-2〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1講師:影浦峡参加費:500円(運営費・資料代)原発事故から間もなく8年が経とうとしています。原発事故後の多岐に渡る問題の数々はとても複雑で、向き合い続けることはとても困難です。それらを正確に捉えて丁寧に考え、共通認識
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はぴふぇす☆ライブトークカフェ
はぴふぇす☆ライブトークカフェ☆開催日・開催時間☆10月28日(土)第一部 10:00~12:00第二部 14:00~17:00「あなたが見てきたリアルを聴かせてください」~原発事故を最前線で追い続ける女性記者たち~未曽有の原発事故が起ったあの日から、私たちはたくさんの出会いを重ねてきました。真実を追いながら、信じがたいような現実を次々と突き付けられ、あまりの酷さに声も出ず、心で言葉を交わしたこともありましたね。本当にいろんなことがあったけれど、私たちが立っている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー