ワークショップ

原発事故の影響は福島県内だけでなく、広範囲に放射能汚染をもたらしました。
自ら判断することや、行動の選択につなげるため、
また生まれながらに誰もが手にしている権利を見つめ直し、生活していくため、
どのように未来へ繋げていくのかを皆さんで考える場にすることを目的に開催しています。

TOPICS

要望書提出の報告

2022年4月28日(金)NPOはっぴーあいらんど☆ネットワークでは県民健康調査検討委員会・甲状腺検査評価部会の、要綱に従った運営を求める要望書を提出・申し入れを行いました。

今回の要望に関しましては以前より、私たちは何度も公平・公正な委員会運営を求めてきましたが、事務局からは「要綱に従った運営をしているので問題はない」とのご回答を、繰り返しいただいております。しかし、最低限の要綱に従った運営すら行って来なかった事実が複数ありますので、具体的にご指摘させていただき公平・公正な運営を行うよう改善を求めてきました。

要望書提出2022年4月28日 福島県庁

要望書提出、回答と報告

要望書



最新ブログ記事

要望書提出の報告
2022年4月28日(金)NPOはっぴーあいらんど☆ネットワークでは県民健康調査検討委員会・甲状腺検査評価部会の、要綱に従った運営を求める要望書を提出・申し入れを行いました。今回の要望に関しましては以前より、私たちは何度も公平・公正な委員会運営を求めてきましたが、事務局からは「要綱に従った運営をしているので問題はない」とのご回答を、繰り返しいただいております。しかし、最低限の要綱に従った運営すら行って来なかった事実が複数ありますので、具体的にご指摘させていただき公平・公正な運営
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第19回-
2022年4月26日(火)20:00~22:00 リモート討論会【内容】・昨年10月15日に開催されてから未だに開催されない「県民健康調査検討委員会」県民健康調査検討委員会の11年を改めて振り返り、先行検査、本格検査(検査2回目)の結果と、その評価が出るまでの流れから、環境省の思惑を探ります。・4月6日に改訂された原子力災害対策指針(原子力規制委員会)地上1メートルの空間線量が毎時20マイクロシーベルト超の地域の住民、主に19歳未満と妊婦ら対象に甲状腺被曝測定を行うと原子力災害
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福島#3
2022年4月21日(木)20:00~22:00Youtubeライブ配信電通のお得意先になった環境省基本方針は「安全と安心を取り戻す」 「住民を取り戻す」 「誇りを取り戻す」。電通による〈メディア操作〉と〈空気づくり〉の手法のオンパレード。福島県、環境省、経済産業省などに電通との契約書などの情報公開請求を続けてきた野池元基さんをゲストにお招きしお話を伺います。ナビゲーターにはおしどりマコ・ケンさん、東京電力の記者会見や福島にも頻繁に足を運び取材を続けてきたお二人
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第18回-
2022年3月29日(火)20:00~22:00 リモート討論会【内容】県民健康調査検討委員会の11年を振り返り「5人の元首相の書簡問題」と「311子ども甲状腺がん裁判」などについて考えていきます。___________________________________________「県民健康調査」検討委員会設置要綱第1条 東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散や避難等を踏まえ、県民の被ばく線量の評価を行うとともに、県民の健康状態を把握し、疾病の予防、早
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【いちいちカウンター #5】かけ違えたボタンをかけ直すために
実害を示し被曝防護の権利を主張する「ママベク」の測定活動から考える!!【いちいちカウンター】考えつづけること、問いつづけること、おかしいと言いつづけること、 面倒でもやめずにいきましょう。 私たちの社会を私たちが投げ出さないために。 権利と尊厳を踏みにじる波状攻撃に、その都度向き合うことは疲れますが、 「言ったもん勝ち」にさせないよう、おかしい、間違っている、といちいち表現して残していくことが大事だと感じています。 そういう作業を、この【いちいちカウンター】というコーナーでして
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いちいちカウンター#4 「科学」ってなんだ!プライドねーのが!続編
国際的被ばく基準を緩めるために使われた「伊達市民」、そのために「宮崎・早野論文」は書かれた!!【いちいちカウンター】考えつづけること、問いつづけること、おかしいと言いつづけること、 面倒でもやめずにいきましょう。 私たちの社会を私たちが投げ出さないために。 権利と尊厳を踏みにじる波状攻撃に、その都度向き合うことは疲れますが、 「言ったもん勝ち」にさせないよう、おかしい、間違っている、といちいち表現して残していくことが大事だと感じています。 そういう作業を、この【いちいち
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【報告】いちいちカウンター#3「科学」ってなんだ!プライドねーのが!
https://youtu.be/Doe-DbrudgU2022年2月18日(金)「いちいちカウンター#3「科学」ってなんだ!プライドねーのが!」Youtubeライブ配信にて開催されました。福島県伊達市民の被ばくデータを使って、国際的な科学論文「宮崎・早野論文」が市民の許諾なく発表され、市民である島明美さんは理不尽な伊達市の対応に対し、追及し真実を伝えようとYouTube動画【調査報道 通称「宮崎・早野論文」『科学的』の正体〜私たちは実験台だったのか〜】を製作しました。今回
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第17回-
2022年2月25日(金)20:00~22:00 リモート討論会【内容】「甲状腺検査についての環境省リーフレット問題」「ALPS処理水のチラシ問題」「5人の元首相の書簡問題」で、私たちは何を主張すべきか? <others>●今後の福島県への申し入れについて●星北斗氏の次期参院選に関して●ガラスバッジとは何か?簡単な説明今回は上記の件をメインに討論していきます。様々な情報の中から何が見えて何が隠されてるのか?紐解きながら私たちが何をすべきか考えていきたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福島#2
【原発事故直後、電通による安心安全プロパガンダ「ラジオ広報」と〈正しい理解〉】2022年2月22日(火)20:00-22:00 Youtubeライブ配信福島県、環境省、経済産業省などに電通との契約書などの情報公開請求を続けてきた野池元基さんをゲストにお招きし、東京電力の記者会見や福島にも頻繁に足を運び取材を続ける、おしどりマコさんをナビゲーターにライブトーク番組を配信します。今回は原発事故後、すぐに行われた電通による「安心安全プロパガンダ」のためのラジオ広報につ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【報告#2】情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福島
https://youtu.be/YICBIN1H60Y2022年1月21日(金)「情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福島」Youtubeライブ配信にて開催されました。今回は第1回目という事で情報開示請求によって明らかになった原発事故後の福島の概要の説明を行いました。情報公開請求によって明らかになったのは国が巨額の税金を投入して行われた「安全・安心」のプロパガンダでした。情報を鵜呑みにしないために真実を知り、向き合い考えるために「情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いちいちカウンター#3「科学」ってなんだ!プライドねーのが!
 「宮崎・早野論文」での『科学的』の正体とはなんなのか? 伊達市民は実験台だったのか?考えつづけること、問いつづけること、おかしいと言いつづけること、 面倒でもやめずにいきましょう。 私たちの社会を私たちが投げ出さないために。 権利と尊厳を踏みにじる波状攻撃に、その都度向き合うことは疲れますが、 「言ったもん勝ち」にさせないよう、おかしい、間違っている、といちいち表現して残していくことが大事だと感じています。 そういう作業を、この【いちいちカウンター】というコーナーでし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【報告#1】情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福島
https://youtu.be/YICBIN1H60Y2022年1月21日(金)「情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福島」Youtubeライブ配信にて開催されました。野池元基さんからの報告、情報公開請求によって明らかにされた大手広告代理店「電通」の安心安全プロパガンダは多くの視聴者にとっては初めて知る内容でした。巧妙に安心安全プロパガンダが行われた事により多くの抗う声は消されていきました。原発事故が起きた事による人々の悲しみや怒りは無かった事にされて良いのか?現実を知った
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第16回-
2022年1月26日(水)20:00~22:00 リモート討論会お知らせ(1月26日)出演予定だったおしどりマコ・ケンさんは、急遽ご都合がつかなくなり、やむなく欠席となります。1月14日におしどりマコ・ケンさんの要望により実現した、廃炉作業中の福島第一原発構内取材内容「福一視察報告」に関しましては詳細報告を改めて特別篇として配信を予定しております。今回は写真等で私たちが見てきた福島第一原発の現状をお伝えします。【内容】・第43回県民健康調
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報公開請求の鬼が暴く原発事故後の福島
「野池元基さん、おしどりマコ・ケンさんが追い続けた原発事故後の福島」2022年1月21日(金)20:00-22:00情報公開請求によって明らかにされたのは大手広告代理店「電通」が多額の血税を使い「安全神話づくり」を国と協力して行ってきた事だった。2011年3月11日 東日本大震災、そして原発事故、福島県が何よりも災害対策にあたらなくてはならい立場でありながら、3月16日には安心安全プロパガンダのための放射線健康リスク管理アドバイザーの承諾書を山下俊一ら3氏から取り3月1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第15回-
2021年12月17日(金)20:00~22:00 リモート討論会今回の検討する会では12月13日に提出しました「県民健康調査検討委員会における、公正・公平な運営を求める要望書」について経過報告を行います。https://youtu.be/oVtXiVdJh6o討論の様子はインターネットで配信します。皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutub
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「県民健康調査検討委員会」における、公正・公平な運営を求める要望書を提出
12月13日(月)、県民健康調査検討委員会における、公正・公平な運営を求める要望書を提出します。原発事故後に開始された「県民健康調査」は福島県の事業であり、検討委員会はその事業が正しく行われているか専門家が監視し適正化する役割があります。しかし、実際には国から環境省の役人が派遣され、福島県の自治権の侵害ともとれる誘導もあり、ここ最近は甲状腺検査について議論もなく結果報告会の様になっています。このままでは県民の健康の長期的な見守りすらできなくなるのでは?と、私たちは懸念しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第14回-
2021年11月22日(月)20:00~22:00 リモート討論会今回の検討する会では過去にも議論を重ねてきました「環境省役人が何故?検討委員会の委員に居座るのか?」について改めて整理していきたいと思います。 国策で進められた原子力発電所が事故を起こした事で、原発事故の健康影響を調べるために県民健康調査がスタートしました。その調査を監督する専門家委員会として、県民健康調査検討委員会が発足しています。専門家でもない環境省の役人が原発事故後の健康被害を監督するのもおかしい話
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「いちいちカウンター#2」振り返りレポート
https://youtu.be/vilfIaa_66g10月22日に配信「いちいちカウンター#2」への感想が出演者、視聴者の皆様から多くの声が届きました。出演者の皆様からの感想【千葉由美】NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク・TEAMママベク山梨に自主避難されている母子の気持ちを思うと本当に胸が痛みますが、 この報道を受けて私のところには周りのママたちからも「酷いね」「ショックでした」という声が寄せられていました。 この件については、山梨県立大学の出願要件のおかしさを指
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第13回-
2021年10月28日(木)20:00~22:00 リモート討論会今回の検討する会では10月15日に開催されました「第43回県民健康調査検討委員会」の解説をメインに討論していきます。・新体制の検討委員会 構成された委員から見える事は何か?・症例報告について・甲状腺検査同意確認書 何が変わったのか?学校現場の現状についておしどりマコ・ケンさんからの気になるトピックもお話しいただきます。「ALPSの高性能フィルタ全破損、その後」「仮設集積所に廃棄物を置いて、法律潜り抜けが常態化」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いちいちカウンター#2「勝手に逃げたから受験させねぇってが!」
原発事故自主避難者山梨大学出願拒否問題今も原子力緊急事態宣言は発令中であり避難は権利です。考えつづけること、問いつづけること、おかしいと言いつづけること、 面倒でもやめずにいきましょう。 私たちの社会を私たちが投げ出さないために。 権利と尊厳を踏みにじる波状攻撃に、その都度向き合うことは疲れますが、 「言ったもん勝ち」にさせないよう、おかしい、間違っている、といちいち表現して残していくことが大事だと感じています。 そういう作業を、この【いちいちカウンター】という
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第12回-
2021年9月28日(火)20:00~22:00 リモート討論会 今回の検討する会では、2021年9月16日、福島県知事に対し 「県民健康調査検討委員会における公正・公平な委員選出を求める要望書」提出について報告を行います。提出の際、県民健康調査課との意見交換の場を設けて頂きました。意見交換内容について、ゲストの皆さんと検証していきます。9月16日福島県への申し入れ内容について甲状腺検査同意確認書について、その実務的な対応「県民健康調査検討委員会」へ環境省の介入
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「県民健康調査検討委員会における公正・公平な委員選出を求める要望書」
2021年9月16日、福島県知事に対し 「県民健康調査検討委員会における公正・公平な委員選出を求める要望書」の提出を行います。 県民健康調査検討委員会は原発事故後の健康問題を扱う重要な組織でありながら、設置要綱には必要なことが明記されておらず、国の意向に添う形で、シナリオ通りに運営されているかのようです。 環境省の環境保健部長が検討委員として送り込まれ、細野豪志氏の提案が県民健康調査に取り入れられ、 細野氏は国会で「使命感を持って踏み込んだ発言をしていただき感謝している」と話しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第11回-
2021年8月27日(金)20:00~22:00 リモート討論会今回の検討する会では7月26日開催の第42回県民健康調査検討委員会において報告されました「県民健康調査甲状腺検査」結果報告数についてと、どうしても腑に落ちない検討委員会と環境省の関係についてゲストの皆さんと討論を行います。その他気になるトピックをお知らせしていきます。討論の様子はインターネットで配信します。皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。「配信は、はっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会における公平な運営を求める要望書 
NPOはっぴーあいらんど☆ネットワークでは2021 年7月 30日下記要望書を福島県知事宛に提出して参りました。2021 年7月30日福島県知事 内堀雅雄 様県民健康調査検討委員会における公平な運営を求める要望書 県民健康調査検討委員会(以下「本委員会」)が発足して間もなく10年を迎えますが、2012年には事前に打ち合わせを行なっていたことが発覚し、秘密会と批判されました。その結果、第9回検討委員会において、『資料1 「県民健康調査」実施に係る改善策・「県民健康
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【新企画・いちいちカウンター】「避難のリスク」…今度は逃げさせねえってが!
「避難のリスク」…今度は逃げさせねえってが!考えつづけること、問いつづけること、おかしいと言いつづけること、 面倒でもやめずにいきましょう。 私たちの社会を私たちが投げ出さないために。 権利と尊厳を踏みにじる波状攻撃に、その都度向き合うことは疲れますが、 「言ったもん勝ち」にさせないよう、おかしい、間違っている、といちいち表現して残していくことが大事だと感じています。 そういう作業を、この【いちいちカウンター】という新しいコーナーでしていきたいと思います。 気取らず、ゆるい、少人数のお
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第10回-
2021年7月30日(金)20:00~22:00 リモート討論会今回の検討委員会を検討する会では、7月26日に開催されました第42回県民健康調査検討委員会の内容に関して、議論して行きます。前回の「検討する会」にて取り上げました、委員の任期を終える星座長の今後、検査データの遅れ、タイミングのずれについても第42回県民健康調査検討委員会にて報告がありました。今回の検討委員会の内容から見えてきた事は何なのか?環境省の役人が何故、検討委員なのか?検討委員を務める環境省の田原委員の発言か
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会  -第9回-まとめ報告
6月25日開催【県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第9回-】・県民健康調査甲状腺超音波検査、1次検査の結果説明について・第41回検討委員会以降の星座長の動き・環境省が検討委員に入ってきた流れ・学校検査導入の流れ・検査データの遅れ、タイミングのずれ・第41回検討委員会・第17回甲状腺検査評価部会の数字の検討・メリット、デメリット本質的な流れなのか?https://youtu.be/Q9soqFw0n3U討論会にて使用した資料です。b4b859
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第9回-
2021年6月25日(金)20:00~22:00 リモート討論会出演:種市靖行 /おしどりマコ・ケン/成井香苗今回の検討委員会を検討する回では、第41回県民健康調査検討委員会・第17回甲状腺検査評価部会の内容に関して、報告された症例数や腫瘍径がどのような意味があるのか、現時点で考えられることを議論して行きます。それとともに、検討委員会に対する環境省の関与に関して、議事録を読み直して問題点を指摘して行きます。学校検査の今後に関しても、同様に議事録を元に議論して行く予定です。(第1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会  -第8回-まとめ報告
 県民健康調査検討委員会を検討する会ー第8回ー 2021年5月28日開催討論内容、新たな問題点をまとめ報告いたします。 「第8回検討委員会を検討する会」では、環境省対話フォーラムから始まった「風評加害」という言葉の暴力に関する考察と、その言葉が同時多発的に使われていること、検討委員会を縦方向に見ることによって大きな流れが見えてくること、一見何も決まっていないような学校検査見直し議論の中で既に一部縮小の手が打たれてしまったこと、そして、最後の星座長の意味深な言葉を取り上げて議論を
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 -第8回-
2021年5月28日(金)20:00~22:00 リモート討論会第41回県民健康調査検討委員会・・ 調査開始から10年のまとめ作業と学校検査縮小への根拠作り?原発事故から10年を迎えて、今回の検討委員会委員任期に向けてまとめ作業が行われています。現在の委員の任期は今年の7月ですが、残り2ヶ月の任期終了に向けて、かなり強引なまとめ作業が行われています。甲状腺検査も問題ですが、妊産婦調査に関しても強引な手法で結論を出そうとしています。甲状腺検査に関しては、当事者3名・保護者
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第16回甲状腺検査評価部会で新たに24名の甲状腺がん症例が追加された件について
【概要】第16回甲状腺検査評価部会で新たに24名の甲状腺がん症例が追加されました。これまでの経緯も含めて、種市靖行医師が解説します。【詳細】2021年3月22日開催、「第16回甲状腺検査評価部会」にて県民健康調査の甲状腺検査とは別に県がん登録情報から、甲状腺がん症例が新たに24名追加された。合計223名(2012~17年)1割もの追加は過去の評価を改め直す必要があるのではないか?議論尽くされたとは言いにくい今回の評価部会、委員の任期は今年の7月まで、議論もせず
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 -第7回-
県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第7回2021年4月16日(金)20:00~22:00 リモート討論会出演:種市靖行 /おしどりマコ・ケン/成井香苗テーマ「検討委員会の10年・・・何を検討してきたのか?」検討委員会は2011年の5月27日に1回目が開催され現在40回目(2021年1月15日開催)が終了しています。改めて検討委員会の流れがどのように変化してきたか、過去の出来事の整理を行い、直近の検討委員会から「県民健康調査」検討委員会のあるべき姿とし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

演劇プロジェクト 『天福ノ島』&ZeroWidthSpace;配信上映 【有料チケット制】
演劇プロジェクト 『天福ノ島』​配信上映 【有料チケット制】3月13日(土)18:00-19:30戊辰戦争に敗れた福島の地に、「西の土佐、東の福島」と言われるほど花開いた自由民権運動。その興隆のなかで青春の炎を燃やした青年民権家たちだったが、しかし、苛酷な弾圧が待ち受ける−−−−。権利と自由を求めて闘った彼らが、夢見た「未来」とは。2018年1月に三春町の再生古民家で再演した、記録映像を配信でお届けします。 視聴チケット購入 特設ウェブサイト
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10年のごまかしを可視化する -Part2- 2011年4月オリンピック誘致から始まった震災10年
あのとき、私たちが描いた「未来」って?「10年」の節目に抗う」10年のごまかしを可視化する -Part2-2011年4月オリンピック誘致から始まった震災10年3月13日(土)15:30-17:30震災直後に表明された五輪誘致は、「復興五輪」を旗印とし、安倍首相の「アンダーコントロール」発言で開催地をもぎ取りました。でも、東電同様またも首都東京の都合に東北は踏みつけられてはいないでしょうか?喋り手:早尾貴紀 インターネットで配信します。皆さんからの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10年のごまかしを可視化する -Part1- 原発事故対応、隠されたもの、見せられたもの
あのとき、私たちが描いた「未来」って?「10年」の節目に抗う」10年のごまかしを可視化する -Part1-原発事故対応、隠されたもの、見せられたもの3月13日(土)13:00-15:00原発事故の取材を10年続け、表には出てこないいろんなことを見聞きしてきたおしどりマコさん・ケンさん。「ここだけの話ですけどね」「俺の名前は出すなよ」と言われ明かされた話は、表に出す形を整えた話とは全く別だそうです。印象操作に終始した「原発事故の対応」がどのようなものだったか、情報開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 -第6回-
「10年」の節目に抗う 県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第6回2021年3月12日(金)18:30∼20:30 リモート討論会 出演:種市靖行 / 成井香苗 / おしどりマコ・ケン/中村隆市テーマ「過剰診断論が人々を不安にさせる」昨今、報道などで県民健康調査の甲状腺検査に対する「過剰診断論」が多く取り上げられています。〈知らなくてもいいガンを見つけてしまうかもしれない〉本当に「知らなくていい」のだろうか?ガンが見つかったら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【「検討」する会番外編】甲状腺検査 枠外症例・集計外症例とは?
リモート討論会「県民健康調査検討委員会を『検討』する会」の番外編・甲状腺検査 枠外症例・集計外症例とは?・ おまけ:第5回「検討」する会で討論した、「県民健康調査」国際シンポジウム(2/13、14開催/福島県立医科大学主催)についての補足を、種市靖行先生が解説します。●プロフィール種市靖行|医師震災時には郡山市で整形外科診療所を開業していたが、翌年に診療所を閉院し妻子を移住させた。 その後、須賀川市の病院で整形外科診療を行いつつ、甲状腺超音波検査者資格取得し、福島の子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あのとき、私たちが描いた「未来」って?「10年」の節目に抗う
2021年3月12・13・14日開催 あのとき、私たちが描いた「未来」って?「10年」の節目に抗う あの日、社会は大きく変わるだろうと思った。変わらざるを得ないだろうと信じた。​「これほどのこと」が起こったのだから・・・と数多くの人がそんなふうに確信したのではないでしょうか。 いま『3.11から10年』という言葉が溢れています。そう、10年が経ちます。いったいあの日から、何が変わり何が変わらなか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第5回
シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第6弾 県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第5回2021年2月19日(金)19:00∼21:00 リモート討論会出演:種市靖行 / 成井香苗 / おしどりマコ・ケン*コロナ感染状況により中止もしくはリモート参加のみでの討論会配信となる場合もございます。ご了承下さいませ。テーマ「過去の県民健康調査検討委員会から今を検討する」これまでに検討委員会の中で様々な議論がなされてきました。過去に委員の中から検討すべきとして提
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第4回
シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第5弾 第 40 回「県民健康調査」検討委員会について2021年1月15日(金)19:00∼21:00 リモート討論会出演:種市靖行 / おしどりマコケン*コロナ感染状況により中止もしくはリモート参加のみでの討論会配信となる場合もございます。ご了承下さいませ。 テーマ「第40回県民健康調査検討委員会」における学校検査維持の重要性について12月17日、NPOはっぴーあいらんど☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第3回 報告
12月18日開催シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第4弾【県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第3回】 まとめ報告「学校検査見直しに関して、今後の方向性を探る」第3回目の県民健康調査検討委員会を検討する会ですが、今回は甲状腺検査の学校での検査いわゆる「学校検査」について、福島県県民健康管理課への申し入れのやりとり、12月議会での福島県議からの学校検査見直しを求める質問内容、今後の議論の行方についてお話しさせていただきました。以下に、大まかな議論の流れをまと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第3回
シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第4弾「学校における甲状腺エコー検査継続を求める要望書提出について」2020年12月18日(金)19:00∼21:00 ライブ配信 討論会出演:種市靖行 / おしどりマコケン / 成井香苗*コロナ感染状況により出演者リモート参加のみでの討論会配信となる場合もございます。今回の討論会では前回に引き続き県民健康調査検討委員会を「検討」していきます。テーマ「学校における甲状腺エコー検査継続を求める要望書提出につい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『学校での甲状腺検査が無くなってしまう?』
「皆様の声をお寄せください」私たちNPOはっぴーあいらんど☆ネットワークでは、学校での甲状腺検査継続を求め広く意見を集めています。子どもたちの受診機会を守るため、私たちの意見を福島県に届けませんか?特に子育て世代の皆さま、ご協力宜しくお願い致します。 そもそも甲状腺検査は、東京電力福島第一原発事故後に健康被害が起こることが懸念され、「30年先まで県民の健康を見守る」という目的で開始されました。そして学校での検査は、仕事を休んで検査に連れて行くなど保護者にかか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 第2回
シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第3弾「県民健康調査検討委員会」における学校検査維持の重要性について 2020年11月6日(金)19:00∼21:00ライブ配信 リモート討論会出演:種市靖行 / おしどりマコケン / 成井香苗(リモート参加)今回の討論会では前回に引き続き県民健康調査検討委員会を「検討」していきます。※県民健康調査検討委員会を「検討」する会 2020年9月19日報告テーマ「県民健康調査検討委員会」における学校検査維持の重要性につい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9/19開催『県民健康調査検討委員会を「検討」する会』 報告
シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第2弾9月19日 県民健康調査検討委員会を「検討」する会種市靖行先生、おしどりマコケンさん、成井香苗先生をお迎えして開催いたしました。様々な問題点が指摘されてきた県民健康調査および県民健康調査検討委員会について初期から追ってきた皆さんと問題点や現状を伺いました。学校検査縮小への問題点過剰診断・・・原発事故による被ばく量は低いのだから小児甲状腺がんが増えるはずがない、だから過剰診断と強引に結論?など、様々な問題点が討
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

県民健康調査検討委員会を「検討」する会
シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第2弾 県民健康調査検討委員会を「検討」する会2020年9月19日(土)15:00~17:30ライブ配信 リモート討論会出演:種市靖行 / おしどりマコケン / 成井香苗さる8月31日、第39回県民健康調査検討委員会が行われました。18才以下の甲状腺がん確定199人、がん疑い46人と最新の人数が公表され、それらのデータをどう分析するのかはもちろん注目すべき点ですが、それと同時に、私たちは県民健康調査および県民健康
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

延期になりました シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第2弾
延期になりましたコロナウィルスの感染拡大に伴い開催延期となりました。予定をされてたみな様大変申し訳ありません。開催日決定次第お知らせいたします。「歴史の帰結としての『3.11』、そして今も終わらないもの」福島はなぜ原発立地県となり、なぜ東京電力福島第一原発事故は起こってしまったのか。神田さんと蟻塚さんには共通して、東北の受難の歴史への、そして原爆や沖縄戦やチェルノブイリの惨劇の歴史への、深い眼差しがあります。それらが奪ってきた「人間の尊厳」を、神田さんは講談で語り、蟻塚さ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WS「県民健康調査から・・見る福島」報告
2月21日「県民健康調査から・・見る福島」と題して種市先生をお迎えしワークショップを開催しました。 まずは参加頂いた皆さんの要望から「新型コロナウイルス」について医師の立場としてお話をして頂きました。予防・防護についてはインフルエンザ・ノロウィルスの対策を合わせて行う事、マスクの効果は防御という意味では限界があるという事など。今回の新型コロナウィルスに対しては、ワクチン・新薬の開発が出来てない事、国内での感染状況が明らかにされてこない事で不安が広がっています。検査をしな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第1弾:開催方法の変更とネット配信のお知らせ】
3月15日(日)に予定しておりました、早尾貴紀さんを講師にお迎えしての「私たちの『故郷』とはどこか? -福島・東北から国家と世界を読む-」は、会場としていた須賀川市民交流センターtetteの、新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休館により、予定通りの開催が難しくなりました。 そこで、今回は、インターネット配信での開催とさせていただきます。配信URL  https://www.youtube.com/watch?v=k3P06F7uOeE  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」
「県民健康調査から見る・・福島」シリーズ「〈仕方なし復興〉に抗って風を起こす」第0弾開催のお知らせです。今回のシリーズのスタートとして種市先生をお迎えし県民健康調査の現状から福島に住む私たちが知っておくべき事など伺います。種市先生は毎月開催している健康相談会の担当医師としてNPOはっぴーあいらんど☆ネットワークの活動をサポート頂いてます。是非、足をお運びくださいませ。日時:2020年2月21日(金)18:00-21:00場所:須賀川市市民交流センターtette ルーム
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はっぴーあいらんど☆ネットワークスケジュール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019はぴ☆フェス ライブトークカフェ振り返り
2019はぴ☆フェスライブトークカフェ今年のテーマは「私たちが願うこと」原発事故下の8年をそれぞれが振り返り、他者の話に耳を傾け、自分の思いを言葉にするこのライブトークカフェ。地域を超えて、世代を超えて、今年も県内外から、多くのみなさんが参加をしてくださいました。他ではなかなか話すことができないけれどと、この場を信頼して語られる言葉ひとつひとつがとても大切なものだといつも感じます。ゲストスピーカーそれぞれからの話をもとに、「あったことをなかったことにして再出発をす
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライブトークカフェ2019
はぴふぇす☆ライブトークカフェ2019ライブトークテーマは「私たちの願い」☆開催日・開催時間☆11月2日(土)13:30~16:30会場:ルーム 1-111月3日(日)午前の部 10:00~12:00会場:ルーム 1-1午後の部 14:00~16:00会場:ルーム 1-1原発事故から8年が経った今、問題はどんどん増えて深刻化しています。2020年の東京オリンピック開催は、「福島が見事に復興を遂げたことを世界に発信するための絶好のチャンス」と
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【リテラシー・ワークショップ】開催のお知らせ
【リテラシー・ワークショップ】開催のお知らせです。4回シリーズの「リテラシーワークショップ」今回で3回目の開催となります。前回は県内外各地から参加頂きました。多様な考え方や捉え方は矛盾の構造を紐解いていく事の大切さを学ぶことに繋がっていきました。初めての方も参加頂けます。是非足をお運びくださいませ。日時:2019年9月28日(土)18:15~21:00場所:須賀川市市民交流センターtette ルーム5-1〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【報告】3/17 第1回リテラシーワークショップが行われました
3月17日、講師・モデレーターに東京大学教授の影浦峡先生をお迎えし、「リテラシーワークショップ」を開催しました。全4回を予定しているうちの第1回目となる今回は、主に「読む・疑問を感じる」「広げる・整理する」というテーマに重点が置かれたワークショップでした。午前中の第一部では、影浦先生から、「言葉でしか捉えられないものとは何か」「何のために言葉を使うのか」といった本質的なところをじっくりとお話いただき、普段私たちが意識せず見聞きし使っている言葉について、いろいろ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「医療系学生と福島を考える」のご報告
「医療系学生と福島を考える」http://happy-island.moo.jp/blog?post_id=2838北海道から沖縄まで、全国各地で医学を学ぶみなさんが原発事故後の福島の問題を学びにいらっしゃいました。国際的なフィールドで活躍されている学生さんたちの目に、原発事故はどんな風に映っているんだろう…そんな思いでお迎えしましたが、とても実り多い場となりましたので、報告をさせていただきます。まずは自己紹介。将来の医療において地域で、そして世界で活
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「リテラシー・ワークショップ」開催のお知らせ
【リテラシー・ワークショップ】開催のお知らせです。4回シリーズの「リテラシーワークショップ」今回で2回目の開催となります。前回は県内外各地から参加頂きました。多様な考え方や捉え方は矛盾の構造を紐解いていく事の大切さを学ぶことに繋がっていきました。初めての方も参加頂けます。是非足をお運びくださいませ。日時:2019年6月23日(日)10:00~12:00~休憩~13:30~15:30場所:須賀川市市民交流センターtette ルーム5-1〒962-08
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「医療系学生と福島を考える」開催のお知らせ
「震災から8年、被災地で学ぶ核の平和的利用の現実と課題〜私達医療系学生に託されるものは何か〜」日時:3月26日(火)14:00~17:00場所:須賀川市市民交流センターtette 5階 ルーム5-1〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1参加対象:一般参加の皆さん ※どなたでもご参加いただけます。IFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク問い合わせ:happy.island311@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「リテラシー・ワークショップ」開催のお知らせ
【リテラシー・ワークショップ】日時:2019年3月17日(日)10:00~12:00 ~休憩~13:00~15:00場所:須賀川市市民交流センターtette ルーム4-2〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1講師:影浦峡参加費:500円(運営費・資料代)原発事故から間もなく8年が経とうとしています。原発事故後の多岐に渡る問題の数々はとても複雑で、向き合い続けることはとても困難です。それらを正確に捉えて丁寧に考え、共通認識
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はぴふぇす☆ライブトークカフェ
はぴふぇす☆ライブトークカフェ☆開催日・開催時間☆10月28日(土)第一部 10:00~12:00第二部 14:00~17:00「あなたが見てきたリアルを聴かせてください」~原発事故を最前線で追い続ける女性記者たち~未曽有の原発事故が起ったあの日から、私たちはたくさんの出会いを重ねてきました。真実を追いながら、信じがたいような現実を次々と突き付けられ、あまりの酷さに声も出ず、心で言葉を交わしたこともありましたね。本当にいろんなことがあったけれど、私たちが立っている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー