BLOG

6月25日開催【県民健康調査検討委員会を「検討」する会-第9回-】

・県民健康調査甲状腺超音波検査、1次検査の結果説明について
・第41回検討委員会以降の星座長の動き
・環境省が検討委員に入ってきた流れ
・学校検査導入の流れ
・検査データの遅れ、タイミングのずれ
・第41回検討委員会
・第17回甲状腺検査評価部会の数字の検討
・メリット、デメリット本質的な流れなのか?

資料をDLして配布したり、ネット上に公開するのは不可です。
あくまでも、資料は個人の学習のためにお使いください。
情報拡散のためには、こちらのブログかYoutubeチャンネルをご紹介ください。

はっぴーあいらんどネットワークYoutubeチャンネル
チャンネル登録宜しくお願い致します。

***************************

私達の活動へ支援をお願い致します。
「NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク」は原発事故後の福島を正面から向き合い様々な問題を共有しながら今を見つめ未来を考える活動をしています。
私達の活動は皆さまのお寄せ頂いたご寄付により支えられております。
メンバーは社会人や主婦、学生で構成されておりボランティアベースで活動しています。現在、継続していくために活動資金が必要です。
賛同してくださる方、寄付の協力を宜しくお願い致します。

○送金先

≪みずほ銀行 郡山支店≫
【店名】郡山支店
【店番】724
【預金種目】普通
【口座番号】1347693
【名前】NPOはっぴーあいらんどネットワーク

**********************

▲ページ上部へ◀前のページへ

7月17日(土)14:00-16:00
場所須賀川市市民交流センターtette 4階 ルーム4-3
〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1
対象
:原発事故当時福島県内在住の方が対象となります。

予約受付時間:14:00 14:30 15:00 15:30 

予約先
メール→happy.island311@gmail.com
電話→090-7065-8196(ちば) 090-5237-4312 (すずき)

料金:無料

担当医師:種市靖行医師

●コロナ感染状況を踏まえ予約のみで受付しております。
必ず予約をお願い致します。
感染状況により中止となる場合がございます。ご了承くださいませ。

私たちは、平成27年から放射線の不安などに対する健康相談会を、種市靖行医師・今田かおる医師らの協力により実施してきました。事故から10年経過した現在でも、放射線の影響を心配して周囲の方にも相談出来ずに一人悩んでいる方や、子どもの甲状腺がんに関しての知識、県民健康調査甲状腺検査の検査結果の考え方や、元々の検査自体の意味などもわからないで悩みを増やしている方もお見かけします。県の資格も持っている先生方へ直接ご相談できる機会ですので、遠慮なく相談ください。
なお、甲状腺エコー検査の対象年齢は、事故当時高校生以下の方が優先となります。40歳以上の方の検査に関しては、予約時にご相談ください。
************************************
甲状腺検査は基本的には原発事故時40歳以下の方が対象で、甲状腺の精密検査の必要性の有無を確認する検査です。そのため、甲状腺疾患での治療や経過観察中の方はご遠慮ください。若年者で他で受診した検査について不安や相談したいことがある方に関しては、別途ご相談下さい。また、同様の理由で高齢で頚部の違和感など症状のある方は、県内の総合病院の受診をお勧めします。
************************************

問い合わせ・予約
電話: 090-7065-8196(ちば)090-5237-4312 (すずき)
メール:happy.island311@gmail.com

▲ページ上部へ◀前のページへ

2021年6月25日(金)20:00~22:00 リモート討論会

出演:種市靖行 /おしどりマコ・ケン/成井香苗

今回の検討委員会を検討する回では、第41回県民健康調査検討委員会・第17回甲状腺検査評価部会の内容に関して、報告された症例数や腫瘍径がどのような意味があるのか、現時点で考えられることを議論して行きます。
それとともに、検討委員会に対する環境省の関与に関して、議事録を読み直して問題点を指摘して行きます。学校検査の今後に関しても、同様に議事録を元に議論して行く予定です。
(第17回甲状腺検査評価部会の内容によっては、検討する内容に変更があるかもしれません。)

討論の様子はインターネットで配信します。皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。

「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutubeチャンネルから、ご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします!」

20:00になりましたら下記をクリックして、ご視聴ください。

はっぴーあいらんど☆ネットワークYoutubeチャンネル



〈出演者プロフィール〉

種市靖行|医師
震災時には郡山市で整形外科診療所を開業していたが、翌年に診療所を閉院し妻子を移住させた。 その後、須賀川市の病院で整形外科診療を行いつつ、甲状腺超音波検査者資格取得し、福島の子供達を主な対象として甲状腺検査を開始。 平成26年12月に石川県に移住したが、その後も毎月郡山市にて甲状腺検診を行いながら、住民の健康相談も行っている。

おしどりマコケン|漫才師
マコとケンの夫婦コンビ 横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子
ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

成井香苗|臨床心理士 スクールカウンセラー
白河・郡山メンタルサポートを開業。
2012年11月~2019年7月 県民健康調査検討委員会委員。
東日本大震災・原発事故災害を機に、NPO法人ハートフルハート未来を育む会を立ち上げ、特に児童生徒や親子の心のケア、地域住民の絆の再生、支援者をサポートするなどの支援活動を行っている。

問い合わせ
happy.island311@gmail.com   090-5237-4312(スズキ)


▲ページ上部へ◀前のページへ

 

県民健康調査検討委員会を検討する会ー第8回ー 
2021年5月28日開催
討論内容、新たな問題点をまとめ報告いたします。

 「第8回検討委員会を検討する会」では、環境省対話フォーラムから始まった「風評加害」という言葉の暴力に関する考察と、その言葉が同時多発的に使われていること、検討委員会を縦方向に見ることによって大きな流れが見えてくること、一見何も決まっていないような学校検査見直し議論の中で既に一部縮小の手が打たれてしまったこと、そして、最後の星座長の意味深な言葉を取り上げて議論を進めていきます。


 まず、おしどりマコさんからの報告ですが、「風評加害」という言葉は5月23日に行われた環境省の除去土壌(除染土)再生利用に関する対話フォーラムで、開沼博氏が使った言葉です。この言葉をネット検索すると、以前にも何度か使われてきた言葉であるということがわかります。そもそも、風評被害というものは何も問題のないところに降って湧いたような風評がもたらされ、結果として何らかの被害を被るものです。除去土壌にはALPS処理水と同じく、放射性物質が本来の基準以上に含まれているわけであり、経産省主催の『第1回多核種除去設備等処理水の取扱いに係る「関係者のご意見を伺う場」』で福島県旅館ホテル生活衛生同業組合 理事長 小井戸氏が訴えたように、「新たに処理水を放出することによりもたらされる損失は、風評被害ではなく、故意による加害であると我々は認識する」と考えるのが正当だと思われます。しかし、開沼博氏は本来の汚染を問題とはせずに、「風評加害」という言葉を持ち出し、住民同士の感情的な問題に矮小化しようとしています。そして、対話フォーラムの中で環境相である小泉進次郎氏もその言葉を数回使いました。さらに、5月28日の「衆議院環境委員会」では、細野豪志氏と小泉進次郎氏のやり取りの中で、お互いに「風評加害」という言葉を出し合いました。短い期間に「風評加害」という新しい言葉が何度も出てくると言う事は、その言葉を一般化しようとする何らかのキャンペーンが行われていると考えても不思議ではありません。長野で開示請求を行っている「たあくらたぁ」の野池元基さんからの情報によると、環境省・復興庁から多額の予算を用いて電通に委託した事業が複数あり、その事業の中に開沼博氏の名前も多数出てきている事実も伝えられています。開沼氏だけではなく、原発事故の情報を追いかけている方にはお馴染みの、高村昇氏・越智小枝氏・早野龍五氏らの名前も出てきます。今回の「風評加害」と言う言葉がもたらす問題点は、原発事故の被害者を加害者に仕立て上げた「群馬訴訟」の国側の意見陳述にも似たものを感じます。大きな問題として、今後追いかけて問題意識を共有して行かなければならないと思います。


 さて、ここから本題の「県民健康調査検討委員会を検討する会」の議論を進めていきます。私たち「はっぴーあいらんどネットワーク」のメンバーと、元県民健康調査検討委員会委員の成井香苗氏は2020.12.26に学校検査継続の要望書を提出してきました。その時に県民健康調査課の菅野課長に学校現場の聞き取り調査の理由を確認したところ、「新しく検討委員に選ばれた方が学校での甲状腺検査が以前の集団予防接種のような強制性のあるものと誤解しているので、現状を踏まえて議論するための実態把握する調査である。」と回答されました。しかし、実際に誤解されている新しい委員とは誰なのか、具体的な話はありませんでした。
 今回の「検討する会」では、甲状腺検査の学校検査見直し論が検討委員会の議題に上がっている中で、「学校現場の聞き取り調査」「当事者・保護者からの聞き取り調査」などの実態調査はどのような経緯で行われてきたのか、いくつかの検討委員会を遡りながら整理して行きました。その結果解ったことは、どちらの聞き取り調査も星座長からの提案がスタートとなっているということです。そして、その手法に関しては多数の委員から透明性の確保と複数回の聞き取り調査の必要性が指摘されたのですが、最終的には「みなさん座長預かりはお嫌いでしょうが、任せていただけないと先には進めないので、、、」という流れで、座長・事務局の判断で進められていきました。一見すると、星座長の独断で進められている感じですが、環境省の意向を星座長が実現しているというような部分も垣間見れます。


 このような議事運営は甲状腺検査のみに限らず、妊産婦調査に関しても同様に星座・事務局主導で進められています。今回は、産婦人科医の室月委員の主張を含め、会議映像を確認しながらみなさんと共有して行きます。
 縦断的な会議運営の流れと現在の問題点を指摘した上で、第41回県民健康調査検討委員会の中の議論を見ていくと、「学校現場の聞き取り調査」では検査同意書の催促が学校現場で行われている実態が判明したため、5巡目の検査ではすでに学校での同意書回収は行わないという改善?が行われたとのこと。しかし、その改善?に関しては、5巡目検査の途中からの変更ということであるにもかかわらず、県民に対して十分な説明がなされた形跡はありません。また、今回の検討委員会の中で運用上学校での同意書回収は行っていないという報告がされただけで、検討委員会での議論もないまま変更されています。その経緯についても、環境省の田原氏が委員の発言として確認した結果、上記の報告がなされたという流れでした。しかし、5.28に国会で行われた「衆議院環境委員会」の中で、細野豪志議員と小泉進次郎環境省とのやり取りの中では、小泉環境相がリーダーシップを発揮して進めたと言っています。ここでも、環境省の意向が働いていたことがわかります。


 そもそも、設置要件には「専門的見地から広く助言等を得るため」設置する委員会であると記載されています。環境省の役人がこの中に委員として入り意見を言うのは、この要綱から考えてもとてもおかしいことですし、元々は「オブザーバー」として委員会に参加していましたが、2012.9.11第8回検討委員会から正式な委員として参加するようになっています。この時の自己紹介では、「環境基本法という法律の中で放射線に関するものは除くとなっていたが、今回の法改正によってそれも担当することになった。それに併せて、環境省設置法も変わり役割の見直しが行われたことで、健康担当参事官室の発足が見込まれている。その中には、一般住民の放射線と健康に関わる諸問題、調査、研究、コミュニケーションなどが含まれるので、県民健康調査もその枠組みに入ることになる。そのため、政府を代表して県民健康管理調査にも関与させていただくことになった。」と述べられています。しかし、これは先ほどの設置要綱とは全く関係のない話です。本来ならば、この時点で私たちが異論を唱えるべきだったのかもしれません。予算の面から考えても、県民健康調査は「県民健康調査基金」として既に県に委託されている予算があるので、国から要望・指示ができるような問題ではないはずで、地方自治の観点から見ても問題だと思います。


 第41回検討委員会の議論では最終的に学校検査をどうするのか、明らかな方向性は出されませんでした。しかし、今までの流れで皆さんお分かりのとおり、既に学校検査は一部縮小されてしまっています。それは、学校での同意書回収を行わなくなったことによって、同意書を出し忘れてしまっていた方々は検査を行わないという形で既に運営されているということです。第40回の時点では事務局と福島県立医大との間で検討するという話で終わっていたのですが、その内容を第41回で検討することも・対外的に大きな発信をすることもなく、5巡目の検査の途中で運営方法がいつの間にか変更されているのです。動画を観ていただければお分かりと思いますが、これは学校検査に対する「アリの1穴」というにはとても大きな変更です。大問題であると認識すべきです。
 そして、最後に星座長が言った言葉、これは動画の中でご覧ください。

県民健康調査検討委員会を「検討」する会 -第8回-

チャンネル登録宜しくお願い致します。

▲ページ上部へ◀前のページへ

2021年5月28日(金)20:00~22:00 リモート討論会

第41回県民健康調査検討委員会・・ 調査開始から10年のまとめ作業と学校検査縮小への根拠作り?

原発事故から10年を迎えて、今回の検討委員会委員任期に向けてまとめ作業が行われています。現在の委員の任期は今年の7月ですが、残り2ヶ月の任期終了に向けて、かなり強引なまとめ作業が行われています。甲状腺検査も問題ですが、妊産婦調査に関しても強引な手法で結論を出そうとしています。甲状腺検査に関しては、当事者3名・保護者6名という少ない対象に対する聞き取り調査の内容をもとに、全体の方向性が決められようとしています。そして、最後に星座長から県知事への報告を行うことが一方的に宣言され終了しました。 検討委員会の強引な進め方の問題点、そして、今回の聞き取り調査と2017年の産業医大で行われれたアンケート調査との比較から考えられる問題点などを指摘して行きます。

討論の様子はインターネットで配信します。皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。

「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutubeチャンネルから、ご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします!」

20:00になりましたら下記をクリックして、ご視聴ください。

〈出演者プロフィール〉

種市靖行|医師
震災時には郡山市で整形外科診療所を開業していたが、翌年に診療所を閉院し妻子を移住させた。 その後、須賀川市の病院で整形外科診療を行いつつ、甲状腺超音波検査者資格取得し、福島の子供達を主な対象として甲状腺検査を開始。 平成26年12月に石川県に移住したが、その後も毎月郡山市にて甲状腺検診を行いながら、住民の健康相談も行っている。

おしどりマコケン|漫才師
マコとケンの夫婦コンビ 横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子
ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

成井香苗|臨床心理士 スクールカウンセラー
白河・郡山メンタルサポートを開業。
2012年11月~2019年7月 県民健康調査検討委員会委員。
東日本大震災・原発事故災害を機に、NPO法人ハートフルハート未来を育む会を立ち上げ、特に児童生徒や親子の心のケア、地域住民の絆の再生、支援者をサポートするなどの支援活動を行っている。

高橋征仁|社会心理学者
山口大学人文学部教授、関西学院大学災害復興制度研究所学外研究員
山形県生まれ。東北大学文学研究科博退
東日本大震災前は、青年期の道徳性や性行動の研究を行っていました。
震災後は、津波に対する緊急避難行動の研究や、日本各地の「原発避難」者の研究に携わってきました。『原発避難白書』(人文書院2015年)の出版にも協力しました。チェルノブイリ事故後に、日本を代表する社会心理学者たちが、原発の安全神話を創出し、事故後も、リスク・コミュニケーションの形で放射線安全神話を浸透させてきたことを大変憂慮しています。東京電力の原発事故は、地方差別だけでなく、1990年代の産官学連携(+政治・マスコミ)の失敗の産物であり、今もその構図を書き換えられないまま、人々が苦しんでいると感じています。

問い合わせ
✉ happy.island311@gmail.com

📞 090-5237-4312(スズキ)

▲ページ上部へ◀前のページへ