BLOG

2021年10月28日(木)20:00~22:00 リモート討論会

今回の検討する会では10月15日に開催されました「第43回県民健康調査検討委員会」の解説をメインに討論していきます。
・新体制の検討委員会 構成された委員から見える事は何か?
・症例報告について
・甲状腺検査同意確認書 何が変わったのか?学校現場の現状について
その他気になるトピックを紹介していきます。

討論の様子はインターネットで配信します。
皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。

「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutubeチャンネルから、ご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします!」

20:00になりましたら下記をクリックして、ご視聴ください。

https://www.youtube.com/channel/UC5l9nyv-hhW_QeRxfW_1KMA


〈出演者プロフィール〉

種市靖行|医師
震災時には郡山市で整形外科診療所を開業していたが、翌年に診療所を閉院し妻子を移住させた。 その後、須賀川市の病院で整形外科診療を行いつつ、甲状腺超音波検査者資格取得し、福島の子供達を主な対象として甲状腺検査を開始。 平成26年12月に石川県に移住したが、その後も毎月郡山市にて甲状腺検診を行いながら、住民の健康相談も行っている。

おしどりマコケン|漫才師
マコとケンの夫婦コンビ 横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子
ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

問い合わせ
happy.island311@gmail.com   090-5237-4312(スズキ)

▲ページ上部へ◀前のページへ

「健康相談会と甲状腺エコー検査」

日時:11月6日(土)14:00-16:00
場所須賀川市市民交流センターtette 4階 4-6
〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1

対象
:原発事故当時、福島県内在住の方が対象となります。

予約受付時間:14:00 14:30 15:00 15:30 16:00

予約先
メール→happy.island311@gmail.com
電話→090-7065-8196(ちば) 090-5237-4312 (すずき)

料金:無料

担当医師:種市靖行医師
臨床心理士:冨森崇先生

double exclamationコロナ感染状況を踏まえ予約のみで受付しております。
必ず予約をお願い致します。
感染状況により中止となる場合がございます。ご了承くださいませ。

私たちは、平成27年から放射線の不安などに対する健康相談会を、種市靖行医師・今田かおる医師らの協力により実施してきました。事故から10年経過した現在でも、放射線の影響を心配して周囲の方にも相談出来ずに一人悩んでいる方や、子どもの甲状腺がんに関しての知識、県民健康調査甲状腺検査の検査結果の考え方や、元々の検査自体の意味などもわからないで悩みを増やしている方もお見かけします。県の資格も持っている先生方へ直接ご相談できる機会ですので、遠慮なく相談ください。
なお、甲状腺エコー検査の対象年齢は、事故当時高校生以下の方が優先となります。40歳以上の方の検査に関しては、予約時にご相談ください。
************************************
甲状腺検査は基本的には原発事故時40歳以下の方が対象で、甲状腺の精密検査の必要性の有無を確認する検査です。そのため、甲状腺疾患で治療や経過観察中の方はご遠慮ください。若年者で他で受診した検査について不安や相談したいことがある方に関しては、別途ご相談下さい。また、同様の理由で高齢で頚部の違和感など症状のある方は、県内の総合病院の受診をお勧めします。
************************************

問い合わせ・予約
電話: 090-7065-8196(ちば)090-5237-4312 (すずき)
メール:happy.island311@gmail.com

▲ページ上部へ◀前のページへ

原発事故自主避難者山梨大学出願拒否問題
今も原子力緊急事態宣言は発令中であり避難は権利です。

考えつづけること、問いつづけること、おかしいと言いつづけること、 面倒でもやめずにいきましょう。 私たちの社会を私たちが投げ出さないために。 権利と尊厳を踏みにじる波状攻撃に、その都度向き合うことは疲れますが、 「言ったもん勝ち」にさせないよう、おかしい、間違っている、といちいち表現して残していくことが大事だと感じています。 そういう作業を、この【いちいちカウンター】というコーナーでしていきたいと思います。 気取らず、ゆるい、少人数のおしゃべりです。

今回は原発事故によって自主避難した高校生が山梨大学への出願拒否をされた問題について考えます。
ゲストには今回の当事者である高校生のサポートに努めた早尾貴紀さんにお話しいただきます。

Youtubeライブ配信
10月22日(金)20:00-22:00

今回のライブ配信への出演者を人数限定で募集してます。希望される方は下記まで連絡下さいませ。

✉ happy.island311@gmail.com

皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。

「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutubeチャンネルから、ご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします!」

20:00になりましたら下記をクリックしてご視聴ください。



__________________________________________
経緯 山梨県立山梨大学出願拒否問題

福島県から山梨県に自主避難の高校生が山梨大学へ出願、大学側は住民票が山梨県に無い事を理由に「出願資格なし」とし出願を拒否
9月
・弁護士が民法の観点から「住所」に関して大学に問い合わせた。

・立憲民主党系と自民党系の県議会議員がそれぞれに大学の理事に問い合わせた。

・市民団体「むすびば」が原発避難者の住民票の状況から、出願拒否について県立大学に質問状を出した。

・「大学教員有志の会」が全国の公立大学の出願資格と比較して、要望書や提言書を県立大学に出した。

・県立大学内部の知人教員も、理事に私信を出した。

・高校教職員組合が、要望書を県立大学に出した。

・山梨県庁の担当課が、知事名での「依頼文」を県立大学に出した。

・当該生徒の所属する高校が、上記の様々な要望書や依頼文などを持って、県立大学の理事長らと交渉した。

それでもなお県立大学は、避難者の推薦出願を頑なに拒否

10月

・当該生徒の保護者と「むすびば」と「教員有志の会」が、いくつかのテレビ局や新聞社の取材を受けて、報道がたくさん出た。

・報道を受けて、県知事が二度目の「依頼文」を出して、県立大学に強く働きかけた。

 → 山梨県立大学がようやく出願資格の見直しを発表した。

・「むすびば」「教員有志の会」と弁護士で記者会見をした。

・再度報道機関が、会見の様子を新聞テレビで大きく報じた。

 → 県立大学が、当該生徒と保護者と高校に謝罪した。
__________________________________________

プロフィール / 早尾貴紀

1973年福島県郡山市生まれ(現在の実家は須賀川市)。

東北大学卒業、現在、東京経済大学准教授。専門は社会思想史。
担当講義は世界政治論。
著書に、『希望のディアスポラ』(春秋社)、『国ってなんだろう』(平凡社)、『ユダヤとイスラエルのあいだ』(青土社)、『パレスチナ/イスラエル論』(有志舎)、編著書、翻訳書は多数。
2011年の東日本大震災では宮城県仙台市で被災。保養と避難・移住の全国支援ネットワーク「311受入全国協議会」を設立、共同代表。

問い合わせ】 happy.island311@gmail.com  090-5237-4312

▲ページ上部へ◀前のページへ

「健康相談会と甲状腺エコー検査」

日時:10月16日(土)14:00-16:00
場所:桑野協立病院 多目的ホール
(病院の敷地にある別棟の建物になります。病院内では行っていませんので御注意ください。)
〒963-8034 福島県郡山市島2丁目9-18

対象
:原発事故当時、福島県内在住の方が対象となります。

予約受付時間:14:00 14:30 15:00 15:30 16:00

予約先
メール→happy.island311@gmail.com
電話→090-7065-8196(ちば) 090-5237-4312 (すずき)

料金:無料

担当医師:種市靖行医師

double exclamationコロナ感染状況を踏まえ予約のみで受付しております。
必ず予約をお願い致します。
感染状況により中止となる場合がございます。ご了承くださいませ。



私たちは、平成27年から放射線の不安などに対する健康相談会を、種市靖行医師・今田かおる医師らの協力により実施してきました。事故から10年経過した現在でも、放射線の影響を心配して周囲の方にも相談出来ずに一人悩んでいる方や、子どもの甲状腺がんに関しての知識、県民健康調査甲状腺検査の検査結果の考え方や、元々の検査自体の意味などもわからないで悩みを増やしている方もお見かけします。県の資格も持っている先生方へ直接ご相談できる機会ですので、遠慮なく相談ください。
なお、甲状腺エコー検査の対象年齢は、事故当時高校生以下の方が優先となります。40歳以上の方の検査に関しては、予約時にご相談ください。
************************************
甲状腺検査は基本的には原発事故時40歳以下の方が対象で、甲状腺の精密検査の必要性の有無を確認する検査です。そのため、甲状腺疾患で治療や経過観察中の方はご遠慮ください。若年者で他で受診した検査について不安や相談したいことがある方に関しては、別途ご相談下さい。また、同様の理由で高齢で頚部の違和感など症状のある方は、県内の総合病院の受診をお勧めします。
************************************

問い合わせ・予約
電話: 090-7065-8196(ちば)090-5237-4312 (すずき)
メール:happy.island311@gmail.com

▲ページ上部へ◀前のページへ

2021年9月28日(火)20:00~22:00 リモート討論会

 今回の検討する会では、2021年9月16日、福島県知事に対し 「県民健康調査検討委員会における公正・公平な委員選出を求める要望書」提出について報告を行います。
提出の際、県民健康調査課との意見交換の場を設けて頂きました。意見交換内容について、ゲストの皆さんと検証していきます。

  • 9月16日福島県への申し入れ内容について
  • 甲状腺検査同意確認書について、その実務的な対応
  • 「県民健康調査検討委員会」へ環境省の介入?(IARCの例)
  • 県民健康調査検討委員会設置要綱について
  • マコさんからUNSCEARに関する情報開示内容・その他最新情報



討論の様子はインターネットで配信します。
皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。

「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutubeチャンネルから、ご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします!」

20:00になりましたら下記をクリックして、ご視聴ください。
https://youtu.be/4vtiO8MHmFI

参考動画

県民健康調査検討委員会における「環境省」の役割とは何?

【県民健康調査検討委員会を「検討」する会】Youtube一覧

〈出演者プロフィール〉

種市靖行|医師
震災時には郡山市で整形外科診療所を開業していたが、翌年に診療所を閉院し妻子を移住させた。 その後、須賀川市の病院で整形外科診療を行いつつ、甲状腺超音波検査者資格取得し、福島の子供達を主な対象として甲状腺検査を開始。 平成26年12月に石川県に移住したが、その後も毎月郡山市にて甲状腺検診を行いながら、住民の健康相談も行っている。

おしどりマコケン|漫才師
マコとケンの夫婦コンビ 横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子
ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

問い合わせ
happy.island311@gmail.com   090-5237-4312(スズキ)

▲ページ上部へ◀前のページへ