BLOG

2022年4月28日(金)NPOはっぴーあいらんど☆ネットワークでは県民健康調査検討委員会・甲状腺検査評価部会の、要綱に従った運営を求める要望書を提出・申し入れを行いました。

今回の要望に関しましては以前より、私たちは何度も公平・公正な委員会運営を求めてきましたが、事務局からは「要綱に従った運営をしているので問題はない」とのご回答を、繰り返しいただいております。しかし、最低限の要綱に従った運営すら行って来なかった事実が複数ありますので、具体的にご指摘させていただき公平・公正な運営を行うよう改善を求めてきました。

要望書提出2022年4月28日 福島県庁

要望書提出、回答と報告

要望書

▲ページ上部へ◀前のページへ

日時:5月21日(土)13:00-16:00
場所:桑野協立病院 多目的ホール
(病院の敷地にある別棟の建物になります。病院内では行っていませんので御注意ください。)
〒963-8034 福島県郡山市島2丁目9-18

対象
:原発事故当時、福島県内在住の方が対象となります。

予約受付時間:13:00 13:30 14:00 14:30 15:00 15:30 16:00

予約先
メール→happy.island311@gmail.com
電話→090-7065-8196(ちば) 090-5237-4312 (すずき)

料金:無料

担当医師:種市靖行医師
臨床心理士:冨森崇先生

double exclamationコロナ感染状況を踏まえ予約のみで受付しております。
必ず予約をお願い致します。
感染状況により中止となる場合がございます。ご了承くださいませ。

私たちは、平成27年から放射線の不安などに対する健康相談会を、種市靖行医師・今田かおる医師らの協力により実施してきました。事故から11年経過した現在でも、放射線の影響を心配して周囲の方にも相談出来ずに一人悩んでいる方や、子どもの甲状腺がんに関しての知識、県民健康調査甲状腺検査の検査結果の考え方や、元々の検査自体の意味などもわからないで悩みを増やしている方もお見かけします。県の資格も持っている先生方へ直接ご相談できる機会ですので、遠慮なく相談ください。
なお、甲状腺エコー検査の対象年齢は、事故当時高校生以下の方が優先となります。40歳以上の方の検査に関しては、予約時にご相談ください。
************************************
甲状腺検査は基本的には原発事故時40歳以下の方が対象で、甲状腺の精密検査の必要性の有無を確認する検査です。そのため、甲状腺疾患で治療や経過観察中の方はご遠慮ください。若年者で他で受診した検査について不安や相談したいことがある方に関しては、別途ご相談下さい。また、同様の理由で高齢で頚部の違和感など症状のある方は、県内の総合病院の受診をお勧めします。
************************************

問い合わせ・予約
電話: 090-7065-8196(ちば)090-5237-4312 (すずき)
メール:happy.island311@gmail.com

▲ページ上部へ◀前のページへ

自己免疫力アップ効果があるルーシーダットンでリラックス効果を深め、リフレッシュしながら、身体に良い時間を過ごしませんか?

●インストラクター

(JSS認定インストラクター) 横山恵美

●日程 5月9日(月)tetteたいまつホール
①18:00-19:00 ②19:30-20:30

●会場 須賀川市民交流センターtette
〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1

●レッスン料金 1レッスン1500円

●申し込み080-1657-9615(伊藤)
happy.island311@gmail.com

●持参・準備するもの
・ヨガマットor バスタオル
・お水など
・動きやすい服装

性別、年齢の制限はありません。親子、ご夫婦で参加など体験くださいませ。

コロナ感染対策のためマスク着用での参加をお願いしております。
発熱などの症状がある場合、参加をご遠慮頂いております。
会場の換気、消毒の徹底をしています。ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

▲ページ上部へ◀前のページへ

2022年4月26日(火)20:00~22:00 リモート討論会

【内容】
・昨年10月15日に開催されてから未だに開催されない「県民健康調査検討委員会」
県民健康調査検討委員会の11年を改めて振り返り、先行検査、本格検査(検査2回目)の結果と、その評価が出るまでの流れから、環境省の思惑を探ります。
・4月6日に改訂された原子力災害対策指針(原子力規制委員会)
地上1メートルの空間線量が毎時20マイクロシーベルト超の地域の住民、主に19歳未満と妊婦ら対象に甲状腺被曝測定を行うと原子力災害対策指針の改正指針が決定されました。
原発事故当時の福島県の状況と照らし合わせ考察します。

討論の様子はインターネットで配信します。
皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。

「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutubeチャンネルから、ご覧ください。チャンネル登録もよろしくお願いします!」

20:00になりましたら下記をクリックして、ご視聴ください。

〈出演者プロフィール〉

種市靖行|医師
震災時には郡山市で整形外科診療所を開業していたが、翌年に診療所を閉院し妻子を移住させた。 その後、須賀川市の病院で整形外科診療を行いつつ、甲状腺超音波検査者資格取得し、福島の子供達を主な対象として甲状腺検査を開始。 平成26年12月に石川県に移住したが、その後も毎月郡山市にて甲状腺検診を行いながら、住民の健康相談も行っている。

おしどりマコケン|漫才師
マコとケンの夫婦コンビ 横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子
ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

問い合わせ
happy.island311@gmail.com   090-5237-4312(スズキ)

▲ページ上部へ◀前のページへ

2022年4月21日(木)20:00~22:00Youtubeライブ配信

電通のお得意先になった環境省

基本方針は「安全と安心を取り戻す」 「住民を取り戻す」 「誇りを取り戻す」。
電通による〈メディア操作〉と〈空気づくり〉の手法のオンパレード。

福島県、環境省、経済産業省などに電通との契約書などの情報公開請求を続けてきた野池元基さんをゲストにお招きしお話を伺います。ナビゲーターにはおしどりマコ・ケンさん、東京電力の記者会見や福島にも頻繁に足を運び取材を続けてきたお二人だからの進行でライブトーク番組をお届けします。

皆さんからの質問やご意見も取り上げていきますので、コメントでぜひご参加ください。

「配信は、はっぴーあいらんど☆ネットワークのYoutubeチャンネルから、ご覧ください。
チャンネル登録もよろしくお願いします!」

20:00になりましたら下記をクリックして、ご視聴ください。

〈出演者プロフィール〉

野池元基(のいけ もとき)| 農民。長野市在住。信州発・産直泥つきマガジン『たぁくらたぁ』発行・編集人
福島原発事故に関する電通事業の情報公開請求活動によって日隅一雄・情報流通促進賞2021大賞を受賞。その後、電通研を有志で発足。著書に『サンゴの海に生きる』(農文協)、共著に『江戸時代にみる日本型環境保全の源流』(農文協)、『環境を破壊する公共事業』(緑風出版)など。

おしどりマコケン|漫才師
マコとケンの夫婦コンビ 横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子
ケンは大阪生まれ、パントマイムや針金やテルミンをあやつる。パントマイムダンサーとしてヨーロッパの劇場をまわる。マコと出会い、ぞっこんになり、芸人に。マコは神戸生まれ、鳥取大学医学部生命科学科を中退し、東西屋ちんどん通信社に入門。アコーディオン流しを経て芸人に。
東京電力福島第一原子力発電所事故(東日本大震災)後、東京電力の記者会見、様々な省庁、地方自治体の会見、議会・検討会・学会・シンポジウムを取材。また現地にも頻繁に足を運び取材し、その模様を様々な媒体で公開している。

<聞き手>
種市靖行・鈴木真理・千葉由美

問い合わせ
happy.island311@gmail.com   090-5237-4312(スズキ)

▲ページ上部へ◀前のページへ